56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

現在、新社会人の方も、もうすぐ新社会人になるという方も必ず知っておかなければいけないことがあります。

それが、お金の話です。

  • あなたは、将来貰える年金がどのくらいになるかご存知ですか?
  • 所得税、住民税、社会保険に年間どのくらい支払わなければいけないか知っていますか?
おそらく、知らないのではないでしょうか?

私も新社会人のときはそうでしたが、それではダメです。

なぜなら、お金の勉強をしておかないと老後生きていけないからです。

ケースバイケースですが、基本的に60歳までに最低でも3000万円の貯蓄を作っておかないと老後暮らしていけないです。

これが、今の日本の現実なんですね。

なので、お金の勉強は新社会人のうちに必ずするようにしてください。

とりあえず、絶対に新社会人のうちにやって欲しいことが銀行口座・クレジットの開設です。

なぜなら、とにかく損するからです。

銀行口座は生活用口座と貯蓄用口座の2つ開設する

まず、社会人になれば生活用口座と貯蓄用口座を分けるようにしてください。

生活用と貯金用を一緒にしてしまうと、間違いなくお金が貯まりません。貯蓄する習慣を身につける意味でも必ず分けて開設するようにしてください。

そして、生活用口座は近くにある銀行でいいですが貯蓄用口座は必ずイオン銀行にしてください。

なぜなら、イオン銀行の預金金利がメガバンクやゆうちょ銀行などと比べて120倍あるからです。

預金金利は、銀行に預けておくだけで年1、2回貰える利息のことですが120倍も違うんですよ。

以下をみてください。

銀行名 普通預金利率
イオン銀行 0.12%(通常は0.02%)
楽天銀行 0.10%(通常は0.02%)
オリックス銀行  0.02%
ジャパンネット銀行 0.01%
新生銀行 0.001%
セブン銀行 0.001%
三菱東京UFJ銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001%
ゆうちょ銀行 0.001%

つまり、メガバンクやゆうちょなどに預けていてもお金なんて増えないんです。損になるだけなんですね。

イオン銀行はネット銀行という扱いですが、イオン銀行のATMはもちろん、みずほ・UFJ・ゆうちょのATMでも手数料は無料です。

それに、銀行は1000万円までは破綻しても必ず保護される仕組みになっていますから、ネット銀行だからと心配する必要はありません。

なので、理想は給料天引きで毎月固定でイオン銀行に貯金できる仕組みですが、貯金用口座をイオン銀行にして120倍の金利でお金を増やすようにしましょう。

私もそうしていますからね。

ただ、上記表で通常は0.02%と記載しております。これには理由がありまして、普通預金金利0.12%にするにはイオンカードセレクトというクレジット一体型のカードを作る必要があります。

もちろん、年会費は永年無料です。クレジットも一切使う必要はありません。

要は、0.12%にするためだけに、クレジット一体型にするだけです。私もクレジットは一切使っていないですからね。

VISA・JCB・マスターカードの3つから選択できますが何でもいいです。私はJCBにしました。

これで、0.12%の金利をゲットできますので、必ず新社会人のうちに作っておきましょう。

でないと、本当に損するだけですからね。

イオンカードセレクトに申し込む

※イオンカード(WAON一体型)は選択せず、銀行カードと一体型のイオンカードセレクトを選択してください。

クレジットは楽天カードで!必要なものは全て楽天カードで決済!

イオン銀行でお金を増やす基盤を整えたところで、次は得するお金の使い方をするようにしましょう。

結論から言うと、楽天カードを開設し、どうせ支払わなければいけないものは楽天カードで買い物をするようにしてください。

なぜなら、ポイントがめちゃくちゃ貯まるからです。

楽天カードは年会費が永年無料で、楽天カードを使い楽天市場で買い物すると100円で4ポイント貰えます。通常は1ポイントです。

rakuten2

そのため、一人暮らしなら光熱費はもちろんですが、携帯などの通信費も全部楽天カード払いにしてください。

その際、銀行の引き落とし口座は、イオン銀行ではなく生活用口座にしてくださいね。

そして、ポイントが貯まれば楽天市場を始め、楽天ブックス、楽天トラベルなど、楽天のサービスにそのポイントを使えば何でも安く利用できます。

他にも色んなクレジットがありますが、楽天カードの最大のメリットは必要なものがポイントを含め、楽天のサービス全て使えるという点なんです。

しかも、今なら新規カード特典として、5000ポイントが貰えます。

つまり、5000円タダで貰えるということなので、今すぐイオン銀行同様に楽天カードも作るようにしてください。

楽天カードに申し込む

まとめ

新社会人に必ずやっておいて欲しいことを2つに厳選しご紹介しました。

この2つだけで、長い社会人生活、非常に賢くお金を使い、増やすことが出来ます。

但し、新社会人が知るべきことは他にも色々あります。

年金・税金・退職金・企業年金・NISA・iDeCo(イデコ)・副業などなど、誰も教えてくれないことばかりです。

これらを知っているかどうかだけで、60歳までで最低でも数百万単位で損することになります。

もし、あなたがもっと知りたいということであれば、以下のサイトで詳しく解説していますので、ご覧ください。

とりあえず、イオンカードセレクト楽天カードは作るようにしてくださいね。